毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

生活

避粉地ツアーとは?花粉症がつらいならいっそ逃げよう!

(避粉地ツアーにレッツゴー?)

「毎年、花粉症の時期はつらい!」

という人たちは案外多いようで、
近年、避粉地ツアーの需要が高まっています。

このページでは

避粉地ツアーとは何か?

その目的や行先は?

などについて解説していきます。

スポンサーリンク

避暑地ツアーとは?

さて、「避暑地ツアーとは何か?」

シンプルに説明すると、

「国内外で、対象となる花粉が比較的少ないエリアに向かうツアー」

です。

暑さから逃れるための避暑地や、
寒さから逃れるための避寒地に因んで、
花粉から逃れるための「避粉地」というわけですね。

実際のところ、

「暑さや寒さ以上に、花粉から逃げたい!」

という人たちは、かなりの人数に及ぶはずです。
(読者のなかにも、私もそうだ!という方がいらっしゃるのではないでしょうか)

避粉地ツアーの目的

そんな避粉地ツアーの目的ですが、
特に多いのは、

「一時だけでも良い、花粉がない時間を過ごしたい」

という人たちです。

他には

「リタイア後は花粉の無い、もしくは少ない地域に住みたい。
だから今回のツアー参加はその下見」

「花粉症があまりにつらいので、良さそうならすぐにでも引っ越したいと考えている」

という、いずれ住もうかと本気で検討している方もいらっしゃいます。

避粉地となる場所はどこ?

花粉症に悩んでいる人であれば、
ここまでの記事を読んで、

「自分も避粉地に行ってみたいなぁ。
で、それはどこなの?」

と気になったんじゃないでしょうか。

まず理解しておきたいのは、
花粉症というのは、花粉に対するアレルギー反応であり、

「何の花粉に対してアレルギーが出ているのかは人によって違う」

という点です。

ちなみに日本人の場合、
スギ花粉症の患者が一番多く
ヒノキ花粉症の患者が次に多いと言われています。

なので旅行会社などが開催している避粉地ツアーの行き先は、
「スギとヒノキが植林されていないエリア」になっているのが普通です。

国内だと北海道や沖縄といったスギ・ヒノキが植林されていないエリア、
もしくは八丈島(東京都)のような花粉症の原因となる植物が無く、
本土からも離れている島が選ばれる傾向にあります。

⇒国内の避粉地について、もっと知りたい方はこちら(準備中)

また日本ほどスギ花粉が飛散する国は他に無いため、
とにかく海外へ避粉するというのも、スギ花粉症の人たちにはオススメです。

ヨーロッパのようにスギがないエリアも多いですし、
スギがあるエリアでも日本のものとは種類が違います。

時間とお金に余裕があるのなら、
避粉がてら、海外へのバカンス…なんていうのも素敵ですね。

スポンサーリンク

避粉地ツアーで安らぎの一時を!

以上、避粉地ツアーとは何か?についてと、
それに関連する情報についてでした。

花粉症って1度かかってしまうと、
基本的に毎年、症状が出るので厄介ですよね。

「一時だけでも花粉症の症状から解放されたい!」

という方は検討されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:

関連記事

水素入浴剤のおすすめ品!重視するポイント別に紹介!

美容にも健康にも 非常に貢献度が高い分子として、 注目されている「水素」。 そんな水素を 全身の肌で吸収しちゃえる 「水素入浴剤」から、 おすすめ商品を紹介します! もちろん何故、 おすすめなのかも、 …

100均の子供用ビーチサンダル!ダイソーとセリアで発見

「子供用のビーチサンダルは100均で充分」 「100均でも結構、可愛いキッズ用のビーチサンダルあるんだよねー」 そんな友人同士の会話を聞いて、 ちょっと気になった私。 子供は年々大きくなりますし、 す …

カーテンのカビ 取り方講座~【注意点】編

ふとカーテンを見ると、 生えているカビ! (今はまだポツポツと生えてる程度だけど、 このカビたちがいずれ…) カーテンからのカビの取り方について、 ネットで検索すると、 実にさまざまな方法が出てきます …

カビが生えた天井を掃除!キレイに除去する方法と注意点は?

カビがいつの間にか天井に…。 どうやって掃除しよう? 天井は掃除しづらい場所の1つ。 だからこそ、 確実に掃除して再発しづらくする 天井のカビ掃除方法を教えます! その前に、 天井という場所の掃除なら …

ハーブの虫除けスプレーの効果って本当にある?

「ハーブの虫除けスプレーなんて、 最近よく聞くけれど、 本当に効果あるのかな?」 オーガニックが支持されている 時代の流れもありまして、 「ハーブの虫除け効果」 って注目されていますよね。 でも私には …