毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

実用知識

自作キャンピングカーの車検!チェック項目や期間など!

キャンピングカーを自作したけれど、
車検はどうなるんだろう?

チェック項目や、
次の車検までの期間は?

8ナンバー車登録していある場合と、
してない場合で何か変わる?

「自作キャンピングカーの車検は今回が初めて!」

という場合は、
いろいろと疑問が湧いてくるものです。

この記事ではそんな疑問を
出来るだけ多く解決していきます!

スポンサーリンク

基本は通常の車検と同じ

自作したキャンピングカーの車検といっても、
基本はベースにした車両の車検と変わりません

業者に頼んで代行してもらうことはもちろん、
ユーザー車検をすることも出来ます。

検査する箇所も基本的には同じです。

ただ8ナンバー登録を
済ませている自作キャンピングカーの場合、
少し違ってくる部分もあります。

そのため8ナンバーの自作キャンピングカーと、
そうでない自作キャンピングカーとで分けて説明します。

スポンサーリンク

8ナンバーとして登録してない自作キャンピングカー

キャンピングカーとしての、
改造を施していても、
8ナンバー登録をしていないならなら、
普段通りベースの車種としての車検を受けることになります

チェックされる項目もいつも通り。

その際、キャンピングカーとしての設備
貨物扱いとなるので、
降ろせる分は降ろしておきましょう。

少し注意したいのは、
乗用車のシートのほうが、
安全基準が厳しい点です。

8ナンバーで使用されている
ベッドマットを利用した簡易シートなどは、
シートとして認められない可能性があります。

8ナンバー登録してある自作キャンピングカーの場合

同じ自作キャンピングカーでも、
8ナンバー登録してある場合、

通常の車検項目の他に、
以下の設備を目視でチェックされます。

■寝台(ベッド)
乗車定員のうち1/3以上の就寝設備が最低ライン。

■水道設備
給排水の設備。
8ナンバー登録したときは、
給排水のタンクを積んでいたけど、
普段は積んでない…という人は注意。

■炊事設備
調理台やコンロなどの炊事設備。
これも
「炊事設備はカセットコンロだけど、
普段から積んでいるわけではない」
という方は積み忘れがないよう注意。

また一部8ナンバーの車検はしていない業者もいます。

業者に依頼するつもりの人は、
「8ナンバー登録済みの自作キャンピングカー」
車検してくれる業者を調べておきましょう

スポンサーリンク

車検までの期間はどれくらい?

8ナンバー登録をしてないなら、
法律上は乗用車のままなので、
ベース車両と同じ

8ナンバー登録をしている場合は、
新車でも初回から2年おきに必要です。

とはいえ初回以外は、
乗用車も2年おきですし、
あまり変わりませんね。

普段は乗らない場合でも車検はしっかりと

以上、自作キャンピングカーの車検についてでした。

「自作キャンピングカーだから」

といって、
特に身構える必要はありませんが、

・給排水タンクやカセットコンロの積み忘れ

・キャンプのときしか乗らないため
車検自体を忘れていた

なんてことはないように
注意したいものです。

スポンサーリンク

-実用知識
-

執筆者:

関連記事

メガネの鼻あて調整方法!自分で出来る方法はこれ!

メガネを使っているうちに、 「何だか高さが合わない」 「最近、ずり下がってくる」 なんてことありますよね。 この記事では そんな方向けに 「メガネの鼻あて調整方法」 を紹介していきます! ※注:最近は …

大根おろしの保存!時間が経つと栄養は減る?減らない?

作りすぎた大根おろしを 保存しようとしたら… 「大根おろしは 時間が経つと栄養が減る」 なんてことを 言われたことありませんか? これって本当なんでしょうか? 保存方法を工夫しても、 減ってしまうの? …

土曜日が祝日だと振替休日ないの?答えとその理由

土曜日と祝日が重なることってありますよね。 その場合、振替休日はあるのかないのか? 疑問に感じる人も多いと思いますが、 結論からいうと、 「土曜日に祝日が重なっても、基本的には振替無し」 です。 うー …

そうめんのカロリーは高い?低い?意見が割れる理由と結論

夏の風物詩「そうめん」 このそうめんについて、 「カロリーが高い」という声もあれば、 「いやカロリーが高いっていうのは誤解だ、 高いという人は比べ方が悪い。」という声や、 「そうめんダイエットに成功し …

花粉の避粉地はどこ?関東にもある?国内避粉地を紹介

もう花粉症にはうんざり! 避粉地で快適に暮らしたい! それが無理でも、せめて連休くらいは避粉地で…。 上記のようなことをお考えの方は、 多いのではないでしょうか。 日本はスギやヒノキの花粉飛散量が凄ま …