毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

ファッション 年間行事

既婚女性が初詣に着ていくべき着物とは?おすすめも紹介!

初詣。着物で行きたいけど、
既婚女性はどのタイプ(格式)がふさわしいの?

なんて悩む方は少なくないようです。

着物にはシーン別にふさわしい「格式(タイプ)」があるのですが、
この判別

未婚の女性であれば、振袖というイメージが強いですが、
既婚女性の場合は留袖(とめそで)なのでしょうか?

この記事では、
初詣に行く既婚女性にふさわしい着物の格式の紹介と、
具体的なおすすめ商品(おすすめの着物)を紹介していきます。

⇒すぐに既婚者向けオススメ着物をチェックしたい方はこちら

スポンサーリンク

既婚女性の初詣に合った格式は?

初詣はある程度、カジュアルな服装で行っても構わない行事です。

洋装で来ている人たちを見てみると、
普段着で訪れる人たちも珍しくないですよね。
多いのは、少しだけキレイめな服装をしている人たちで、
スーツ姿で来ている人は少数派でしょう。

なので既婚者の着物選びのときも、
あまり堅く考える必要はありません。

基本的には「小紋」、もう少し華やかにという場合は訪問着をおすすめします

「色留袖(いろとめそで)」を薦めているところも見かけますが、
格がある着物なので、少し大仰。

それぞれの特徴は以下の通りです。

★小紋

小紋とは全体に繰り返し模様が入っている着物のことです。
格としては普段着、街着
洋装の感覚でいうと「ちょっとおしゃれなワンピース」といったところですね。

比較的カジュアルな着物なので、
動きやすく、お手頃な値段の商品が多いのも特徴です。

柄やカラーのバリエーションも豊かなので、
年代や趣味に合わせて選べます。

★訪問着

訪問着とは、上前から下前まで続く柄が入っている着物です。
胸や袖の裁ち目となる箇所でも、柄がしっかり繋がっています。
見た目が華やかなので、お正月ムードも満点!

役割としてはクラス会やお茶会、お見合い、結婚式(親族でない場合)など、
かなり幅広いシーンに使える社交服です。

因みに訪問着には、紋付きのものと紋無しのものとがあり、
紋付きのものだと、このあと紹介する「色留袖」と同じ格になります。

★色留袖

色留袖とは、江戸褄(えどづま)と呼ばれる下半身部にのみ模様の入った着物のうち、
黒以外がベースカラーになっているものです。

既婚女性の着物の格式では、
黒留袖が最上位、色留袖はその次となります。

色留袖は上半身に模様が入っていないので、
訪問着より落ち着いた印象です。

初詣におすすめしたい着物を紹介!

さて、ここまで既婚女性が初詣に着ていける着物の格式を3種類紹介しましたが、
やはり基本的には小紋がおすすめです。

価格もお手頃ですし、動きやすい。
混雑したり、子どもが走り回っていることもある初詣に向いています。

なので格が高い着物を選びたい事情がないなら、
小紋がおすすめです!

次のページでは具体的なおすすめ商品も紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

> 続きを読む 

-ファッション, 年間行事

執筆者:

関連記事

ロングコート×チェックストールの白人女性

大判ストールの巻き方!コートとコーデしやすいのを紹介!

秋冬ファッションの重要アイテム!大判ストール! 大判ストールって、その形状自体は単なる布ですよね。 でもびっくりするくらい多くの巻き方があって、 それによってガラリとイメージが変わります。 本当に面白 …

父の日っていつから日本でも始まった?【父の日トリビア】

父の日って、 いつから日本でも始まったの? 毎年6月の第3日曜日に行われている「父の日」。 私にとっては、 幼稚園で父へプレゼントを作ったとき以来、 定番となっているイベントの1つ。 でも祖母が 「昔 …

クリスマスツリーの一番上に飾る星の名前は?

クリスマスツリーの 一番に飾るものといえば? やっぱりメジャーなのは、 大きな星の飾りじゃないでしょうか? でもそういえば これって何ていう名前なの? それになんで星を頂上に飾るのか、 他のものではい …

金木犀の香水でおすすめは?イチオシは舞妓さんの…

季節の香りを身にまといたい! そんな思いから、 秋にお世話になることが多いのが、 金木犀の香水です。 甘さのある香りが素敵ですよね^^ 今日はそんな金木犀の香水のなかから、 「おすすめ品」を紹介してい …

お月見の絵本~幼児向けのおすすめは?3歳程度のお子様へ

お月見をテーマにした絵本のなかでも、 幼児(特に2~4歳くらい)の子たちには、どれがおすすめ? 秋の素敵な風習のひとつ「お月見」。 昔からある行事ですから、 これをテーマにした絵本も少なくありません。 …