毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

ファッション

浴衣に合うバッグがない!という人に読んで欲しい3つの案!

この記事は…

「さあ!浴衣でお出掛けよ!」

女の子_浴衣

…と、意気込んでいたけれど、

「よく考えたらバッグがないじゃない!」

なんてときに
読むための記事です。

どうすれば良いのか?

案を3つ書いてみました。

スポンサーリンク

案1.風呂敷を結んでバッグを作る

「浴衣に合うバッグはないけど、
風呂敷ならあるわ!」

というときに、
おすすめしたいのがこの案。

風呂敷でバッグを作るといっても、
本格的な裁縫をする必要はありませんし、
元の風呂敷に戻らなくなることもありません。

風呂敷を結ぶだけ
下の画像のような
バッグが出来上がるんです。

引用:http://eirakuya.jugem.jp/?eid=380

引用:http://eirakuya.jugem.jp/?eid=380

詳しい作り方は、
こちらの動画をどうぞ。

案2.いつものカバンを布で包む!

「風呂敷で作ったバッグって、
何だかしっかりしてないから不安だなぁ」

「風呂敷を持ってないよ」

という方は、
普段使いのバッグを、
浴衣に合いそうな布で包んじゃいましょう。

例として、
私が愛用しているバッグを、
ハンカチで包んでみます。

bag

これをハンカチで包むと…

bag2

こんなふうに変身!

(ちょうど良いサイズの
和風ハンカチが手元にないので、
チェック柄でごめんなさい^^;)

包むだけなので楽チンですし、

いつものバッグなら、
使い慣れているので、

ダブルで楽チンですよ♪

バッグ全体を包めるサイズの布がない場合は、
一部のみ包む、
ワンポイントとして持ち手に結ぶなど、
アレンジも自在なので、
いろいろ工夫してみて下さい^^

案3.浴衣自体を活用する

浴衣の帯

さてここまでは、

「浴衣に合うバッグがない!」

に対し、

「どうやって手軽にバックを用意するか?」

という回答を用意してきました。

それに対し、

「いや、そもそもバッグ要らなくない?」

という精神で行くのが、
この案3です。

もともと江戸時代の人たちは、
着物の襟元や帯に
貴重品をはさんだり、
袖の部分にも物を入れていました。

つまり現代の浴衣でも、
同じように浴衣自体を活用すれば良いのです。

あまり多くのものは入りませんが、
お財布やスマホを襟元に、
袖口にリップクリームやハンカチを、
あとはファンデ付きコンパクトミラーなどの、
化粧くずれ対策のものを帯に…。

という感じにすれば、
最低限必要なもの
身に着けられるはずです。

もしくは気心知れた相手且つ、
浴衣姿でない同行者がいるなら、
他の荷物は預かってもらうのも有りですね。

(お礼に屋台で、
何か奢ってあげましょう。)

もしくは
その日は思い切って、
最低限の荷物だけで過ごすのもオススメです。

着慣れていない人だと、
浴衣姿で動き回るだけで疲れるものです。

そんなとき身軽だと
負担がだいぶ減りますよ!




スポンサーリンク

なきゃないで何とかなる!

いかがでしたか?

浴衣に合わせたバッグ
そりゃあれば嬉しいですけど、

なければないで、
この記事で紹介したような方法もあるのです♪

あなたに合う方法を
選んでみて下さいm(_ _)m

スポンサーリンク

-ファッション

執筆者:

関連記事

金木犀の香水でおすすめは?イチオシは舞妓さんの…

季節の香りを身にまといたい! そんな思いから、 秋にお世話になることが多いのが、 金木犀の香水です。 甘さのある香りが素敵ですよね^^ 今日はそんな金木犀の香水のなかから、 「おすすめ品」を紹介してい …

トングサンダルを履くと痛い!何か対策はないの?

トングサンダルって、 長時間履いていると 足痛くなりやすいですよね; 鼻緒の部分が痛いのはもちろん、 サンダルによっては、 足の甲まで擦れて痛くなることもあります(‘ω`; 「何か対策はな …

金木犀の香水の作り方!練り香水やルームフレグランスにも

優しく甘い金木犀の香り。 香水で愛用されている方も、 いらっしゃるのではないでしょうか。 手作りなら、 合成香料を使わないので、 濃度も自分好みに調整できます。 …ということで、 この記事では、 ★金 …

登山帽子!おしゃれなレディースハット春夏ver

春夏の登山帽子選び! 機能性はもちろん、 おしゃれなデザインかどうかも 重視したいところ。 この記事は 「春夏向けのおしゃれなレディース登山帽子」 ということで、 特に 「春夏デザイン」 「UV対策に …

履きやすいレディースサンダルは?おすすめブランドなど

サンダルで履きやすさは重要項目! 昔はデザインを重視して サンダルを選んでいました。 でも何度か足首を捻ったり、 靴擦れで痛い思いをしたり、 「おしゃれして遠出→早々に歩き疲れる」 という出来事を経験 …