毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

*

サンカヨウの育て方~神秘的な山野草を育成!

引用:http://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_672.htm

引用:http://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_672.htm

濡れると透明になる花として、
有名なサンカヨウ。

育ててみたいという方も、
多いのではないでしょうか。

そんな方のために、
サンカヨウを育て方と、
育てる上で知っておいて欲しいことを紹介します。

スポンサードリンク

サンカヨウを育てる上で知っておきたい特性

サンカヨウは、
高山系植物(非耐暑性宿根草)です。

このため、寒さには強いのですが、
暑さには弱く、
暖かい地方では栽培しても枯れてしまうことがほとんどです。

もともとが北海道と、
本州中部以北に自然分布する植物で、
園芸用の品種改良もされていないため、
それ以外の地域での育成は困難を極めます。

野生の草花だけあって、
病気や害虫には強いので、
涼しい環境さえ整えてやれば、
しっかりと育つ可能性が高いでしょう。

また多年草なので、
毎年繰り返し花を見せてくれるようになります。

サンカヨウを育てる場所について

土

サンカヨウは暑さや直射日光には、
かなり弱い植物です。

そのため、日陰になっている場所
育てることをオススメします。

建物の北側で、
朝日にも夕日にも当たらない場所が良いでしょう。

育てるのは種からでも苗からでもOK!

サンカヨウは苗で
販売されている場合が多いですけど、
種から育てることも可能です。

サンカヨウは夏頃になると、
ブルーベリーのような青い実を付けます。
それから種を取り出して植えるのも良いでしょう。

種からの場合は6~9月頃が撒く時期
苗からの場合は4月~9月頃が植え付けの時期です。

種から育てる場合は、
上から薄く土を被せて、
芽が出るまで涼しい場所で保管しましょう。

発芽は春ごろになります。
それまで土の表面が乾燥しすぎないように、
注意が必要です。

花が咲くまでは、
3~4年かかりますので、
気長に育てましょう。

また根が傷つきやすいので、
植え替えをする場合は、
傷つけないよう注意されて下さい。

鉢植えよりは地植え
土は水捌けの良いものがオススメです。

鉢植えの場合は、
市販されている山野草用の培養土を使うのが、
手っ取り早いでしょう。

サンカヨウへの水やりや肥料について

じょうろと自然

地植えの場合は、
長く雨が降らなかったとき以外は、
水やりをしなくても大丈夫です。

鉢植えの場合は、
土の表面が乾燥しているようであれば、
葉が多く出ている時期(4~9月頃)はたっぷり
休眠している時期は控えめに水をあげましょう。

肥料は3月頃に有機肥料、
もしくは緩効性の化成肥料を
少し根元に置き肥して下さい。

スポンサードリンク



サンカヨウは美しいうえに美味しい!

サンカヨウの育て方、いかがでしたか?

山野草なので、
植物としての生命力は弱くないのですが、
繰り返し書いたとおり、
とにかく暑さには弱い植物です。

夏場は特に注意して育ててみて下さい。

サンカヨウはその花の可愛らしさと、
半透明になる特異性のみが注目されがちですが、
その後になる実の美味しさも特徴なんです!

こちらも楽しみにして育ててみて下さいね^^

よろしければ、こちらもどうぞ。

【関連記事】
サンカヨウが透明になるための正しい条件と理由は?

 - ガーデニング・草花・庭