毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

雑学

サンカヨウの花言葉を4つ紹介!どれでもいいの?

引用:http://blog.goo.ne.jp/asdfgh1940/e/373efbcfc2ccf7964439c70656eca9ed

引用:http://blog.goo.ne.jp/asdfgh1940/e/373efbcfc2ccf7964439c70656eca9ed

サンカヨウの花言葉は複数ある!?

よく聞くものから、
あまり聞かないものまで…

サンカヨウの4つの花言葉を紹介します!

スポンサーリンク

サンカヨウの花言葉は素敵なものばかり!

ではさっそく、
メジャーなものからいきます^^ノ

★その1「親愛の情」

一番よく聞く花言葉ですね。

なるほど、言われて見れば、
ぴったりかも?

白というのは馴染みが深い色ですし、
2cmほどの小さな花というのも親しみやすいですからね。

★その2「幸せ」

これも素敵な花言葉ですね。

因みに「幸せ」とか「幸福」が、
花言葉に入っている花は、
サンカヨウ以外にも多いようです。

幸せにもいろいろな形があるので、
ちょうど良いかも知れません。

個人的にサンカヨウが表す「幸せ」は、
「小さいけれど温かい幸せ」というイメージがあります。

★その3「清楚な人」

そこまでメジャーではありませんが、
「清楚な人」もサンカヨウの花言葉とされることがあるようです。

普段の白も濡れたときの透明も
「清楚さ」を想い起こさせる色ですからね。
これをサンカヨウの花言葉とした人の気持ちは、
よくわかります。

★その4「自由奔放」

これは個人的にはピンと来ないのですけど…
「自由奔放」もサンカヨウの花言葉の1つのようです。




スポンサーリンク

どの意味で使ってもいいの?

さて…
実は「複数の花言葉を持つ花」というのは、
別にサンカヨウに限った話ではありません。

むしろそれが一般的かも?

そもそも花言葉自体に、
どうやって決まるというルールがありませんからね…。

誰かが言い出して、
それが何となく広まっていくという感じですから。

なのでどの意味で使っても、
別に悪くはないでしょう。

ただ「花言葉」というのは、
メッセージを届けるためにあるものです。

伝わらなければ意味がありませんので、
サンカヨウであれば、
一番メジャーな「親愛の情」という意味合いで使うのが無難でしょう。

サンカヨウの詳細情報

メギ科サンカヨウ属
学名:Diphylleia
分布:日本の本州、北海道、樺太
(アメリカや中国に分布している種も有り)

花径2cmほどの
白く可愛らしい花を咲かせる多年草です。

この花は長く水に濡れると、
透明になる性質を持っていることで知られています。

株の高さは30~60cmほど。
茎や葉には薄く毛が生えています。

漢字で書くと「山荷葉」で、
山に咲く荷葉(荷葉=ハスの葉)という意味です。

実際にサンカヨウの葉は、
ハスの葉を思わせるところもあるのですが、
「もともとはこの花を指していう名前ではなかった」
とも言われています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学
-

執筆者:

関連記事

水に入れられた栗 側面からの撮影

栗が水に浮く!理由は虫食い!?それとも…

栗の鬼皮(外側の固い皮)を剥く前に、 水につけて柔らかくするという人は多いはずです。 そのまま水中に半日~丸一日…といきたいところなのですから、 栗が水に浮くことがあります。 この水に浮く栗については …

咲き乱れるクリスマスローズ

本当は怖いクリスマスローズ?花言葉が持つ「怖さの質」について

クリスマスローズといえば、人気がある花の1つですね。 冬場に咲く可愛らしい花で、種類もカラーも豊富。 しかしその一方で、 「クリスマスローズは花言葉が怖い」 と言われいるのをご存知でしょうか。 この記 …

扇風機の風で死ぬことはある?首振り運転の場合は?【後半】

この記事は、 ■扇風機の風で死ぬことはある?首振りではどう?【前半】 の続きです。 前半をお読みになっていない方は、 まず上記の記事からお読み下さいm(_ _)m 目次1 そんなことが実際に起こるの? …

手の平にあるたくさんのどんぐり

どんぐりの使い道6選!はこんなにあるどんぐり活用法!

秋になると、そこらじゅうで拾えるどんぐり。 …というのは言い過ぎかも知れませんがw 自然が多く残るエリアなら、 案外間違いとも言えないんじゃないでしょうか。 普段は縁がない人でもハイキングに出掛けたと …

貝から音が聞こえる!ゴォーという音の正体は?

貝から音が聞こえるということを、 教えてくれたのは、 母親でした。 実際に大き目の巻き貝に、 耳をあててみると、 ゴォーというか、 ザァーというか… そういう音が聞こえるんですよね。 当時、幼かった私 …