毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

アウトドア 実用知識

旅行の荷造り!悩み別にコツを紹介!苦手な人も楽しく!

旅行は準備が大切!
荷造りはそのなかでも重要ポイントの1つですね。

準備万端で出かけたいけど、
荷物が多すぎるとそれも不便。
帰りはお土産もあることを考えると、
旅行バッグに空きスペースも欲しいし…

なんてふうに旅行の荷造りに関係する悩みは、
案外多いものです。

この記事では、
旅行に荷造りに関する悩み別の解消法を紹介していきます!

スポンサーリンク

悩み別!荷造りのコツ!

旅行の荷造りに関する悩みはいろいろだと思いますが、
今回は

1.荷物がいつも多くなりすぎてしまう

2.忘れ物が多い

3.服がシワになって困る

4.取り出しづらい

5.中でゴチャゴチャになっている

この4つの悩み別に紹介します!

■悩み1.荷物が多くなりすぎる

この悩みを解決するには、
割り切りと小型化が必要です。

まずは割り切りから見ていきましょう!

荷物が多くなりすぎるまでの流れの典型的なパターンは、

「着替え1日分多いほうがいいかな?」
「あ、もしかしたら使うかも」
「これも、あったら便利だよねー」

というもの^^;

「旅行の手荷物程度で、対応できる事態なんてタカが知れている」ことを強く認識しましょう。
あれこれ詰めてもキリがないし、完璧にもならない。

役に立つことなく、ただの荷物で終わることもあるものに対しては、

「なきゃないで良い」
「もしどうしても必要になったら現地で買えば良い」

という心構えが重要!

小型化に関しては、
なるべく日用品をコンパクトにして持って行くことを心掛けます。

コンパクトにする方法はいろいろありますけど、

有名なものだとこちらですね。

ストローの内部に化粧水や乳液を入れて、
端をヘアアイロンで閉じるストローパッキング
結構、荷物を減らせます。

(ヘアアイロンが無いなら、
ストロー先端をペンチで閉じた状態でライターで少し炙るという方法もオススメ!)

ストローに中身が何か油性ペンでに書いておけば、尚GOOD!

他にも小型化&荷物を減らすには、

・クリーム系、ジェル系はコンタクトレンズケースに入れる

・ニットなどの嵩張る(かさばる)衣類は、
ジップロック(チャック付きのビニール袋)に入れて圧縮する

・靴の履き替えは極力不要なようにコーデする

・宿泊施設を利用するなら、
事前にアメニティ(備品)を確認しておき、それらは持って行かない

なども重要です!

■悩み2:忘れ物が多い

旅行に出発してから、
「××も持って来れば良かった」とか
「しっかり荷造りしたつもりが肝心のアレを忘れていた!」とか気付くパターンですね。

これについてはシンプルに事前チェックリストを作るのが有効です。

リスト自体に漏れがでることもあるでしょう。
これを防ぐためには、

・第三者にチェックしてもらう

移動中や旅先での行動を脳内シミュレーションして、場面ごとに必要なものを確認する

といった方法がおすすめです。
是非、やってみて下さい。

※悩み3以降は次のページに分割します。
「続きを読む」からどうぞ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

> 続きを読む 

-アウトドア, 実用知識

執筆者:

関連記事

熊手(縁起物)の勘定科目は?何に計上したら良いの?

「商売繁盛するようにと願い、 購入した縁起物の熊手…。 購入にかかった費用を 経費にしたいんだけど… 勘定科目は何にしたら良い?」 この記事では、 そんな疑問をお持ちの方向けに、 「熊手の勘定科目は何 …

車の運転にサングラスってどう?かけても危険じゃない?

車の運転をするときに、 サングラスをかけるのって、 どうなんだろう? かけるとしたら、 どんなタイプが良いの? 日差しが強いときに運転していると、 眩しい、ぼやける、見づらい、 だから目が疲れてしまう …

トングサンダルを履くと痛い!何か対策はないの?

トングサンダルって、 長時間履いていると 足痛くなりやすいですよね; 鼻緒の部分が痛いのはもちろん、 サンダルによっては、 足の甲まで擦れて痛くなることもあります(‘ω`; 「何か対策はな …

オートキャンプ場とは?普通のキャンプ場との違いを解説!画像有

オートキャンプ場とは、 どういうキャンプ場なのか? 普通のキャンプ場とどう違うのか? 「オートキャンプ」のみだと、 どういう意味になる? オートキャンプ場の メリットとデメリットは? などなど、 オー …

涙もろくなる方法3つ!冷めた人間だと思われたくない…

涙もろくなる方法が知りたい! そんな要望の裏には、 「お世話になった人のお葬式なのに、涙を流せなかった。 自分は冷たい人間なのではないかと、不安になった。」 「卒業式で号泣する人も出るなか、 涙ぐむこ …