毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

ガーデニング・草花・庭

ノースポールの種のとり方(採取方法)は簡単!

ノースポールの花アップ

ノースポールの種のとり方(採取方法)は?

こぼれ種から
自然と増えていくことが多いノースポール。

でも植えたい場所があるというときや
種をプレゼントしたいこともあるでしょう。

このページではそんなときのために、

「ノースポールの種のとり方(採取方法)」

を解説していきます。

ノースポールの種のとり方

ノースポールの種のとり方は簡単。

1.枯れてしまったノースポールの
花の部分を摘んで、
キレイな紙の上で乾燥させる。

2.ある程度、乾燥したら、
花中央の黄色い部分をほぐす

3.中から細長くて黒いかたまりが出てきたら、
それが種です。

以上で終了です。

とれた種はジップロックなどの袋に入れて、
冷蔵庫(出来れば野菜室)で保存しておきましょう。

スポンサーリンク

ノースポールの種まき

ノースポールの種まきは
9月中旬~10月中旬が適期です。

ただこぼれ種がそのまま育つことがあるように、
種の収穫後すぐまいても、
発芽して育って行く場合もあります。

ただし暑さに弱い性質を持った植物なので、
やはり出来れば9月中旬~10月中旬の方が良いでしょう。

夏も涼しい地方であれば、
3~5月頃の種まきもオススメです。

ノースポールの種まきに
特別な工夫は必要ありません。
水はけの良い土に浅く埋めるだけでOKです。

そのあと、水をしっかりやって下さい。

もともと発芽しやすく、
こぼれ種からでも
どんどん増える植物なので、
特別なことはしなくてもかなりの率で発芽します。

暑さに弱いですが、
日光は好むので日当たりが良いところで
育てるほうがオススメです。

ノースポールは育てやすい花

ノースポールを上から

ノースポールは園芸初心者でも
育てやすい花の1つです。

種のとり方も簡単ですし、
特別なお世話も要りません。

(一般的な植物へのお世話でOK!)

また寒さに強く
冬にも花を咲かせてくれるので、
冬の花壇を彩ってくれる貴重な存在でもあります。

花付きが旺盛ですし、
クセのない白い花なので、
寄せ植えでも組み合わせやすいお花です。

是非、育ててみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ガーデニング・草花・庭

執筆者:

関連記事

寒椿と山茶花の違いは?プロでも判別が難しいって本当?

寒椿と山茶花って、どう違うの? 寒椿と山茶花って、 本当によく似ていますよね。 写真を見てみても、 こっちが寒椿で 引用:http://www.hana300.com/kantbk1.html こっち …

伸びすぎたムスカリの葉

ムスカリの葉が伸びすぎて…カットしてもいい?

ムスカリといえば、 初心者でも育てやすく花も可愛い! 素敵な植物なんですけど… 葉が伸びすぎるという問題があります。 このページではムスカリの 「既に伸びすぎている葉をどうするか」と 「伸びすぎを防ぐ …

びわの種!発芽までの流れとコツ!種まき時期も

「びわを種から育ててみたい!」 びわの実を食べたあとに残る大きな種を見て、 そう思ったことがある方は多いのではないでしょうか。 びわは実を結ぶまでに日数はかかるものの、 園芸初心者さんでも育てやすい果 …

藤袴ってどんな香り?そのまま花を嗅いでも意味がない!?

藤袴(フジバカマ)の香りは、 万葉の時代から親しまれているものの1つです。 秋の七草に含まれているところからも、 それが窺えますね。 この記事ではそんな藤袴について、 どういう香りなのか、 藤袴の原種 …

剪定後の切り口にボンドや絵具は有り?癒合剤の代用になる?

本来、剪定後の切り口の処理には癒合剤を使うものです。 しかしなかには、 「木工用ボンドや絵具(えのぐ)で充分!」 という声もあります。 専用アイテムのほうが良いのは当然ですが、 買う手間や費用がかかり …