毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

ガーデニング・草花・庭

シャコバサボテンが根腐れ!原因と対処・植え替え方法も

少し元気がないシャコバサボテン

育てていたシャコバサボテンが根腐れ

ショックですよね。

当ページでは、

・根腐れの原因は?

・どうすれば根腐れしないのか?

・根腐れに早めに気付けるサインはある?

・根腐れ後の対処方法について

といった情報を掲載しています。

シャコバサボテンの根腐れに悩んでいる方は、
是非、読んでいかれて下さい。

スポンサーリンク

シャコバサボテンの根腐れ 原因と対策

シャコバサボテンの根腐れが起きる原因は、
だいたい下の3つのどれか(もしくは複数)です。

・水やりが不適切だった

・用土が不適切だった

・根詰まりして水はけや通気性が悪くなった

なので、水やりと用土は適切に行うことが、
根詰まりの場合は、植え替えることが対策となります。

適切な水やりと用土については、
以下の通りです。

シャコバサボテンの水やり

シャコバサボテンへの適切な水のやり方は、
時期によって変わります

具体的には以下の通りです。

【4~9月】

生育期。
土の表面が乾いてきたら、
たっぷりと水を与えます。

【10~11月】

つぼみが育っていく時期。
土の表面が乾いてきても、
すぐには水を与えず、
1~2日してからたっぷり水やりをします。

【12月~3月】

この時期は乾かし気味に管理します。
花が咲き終わったあと、
5℃くらいの寒い環境で管理する場合は、
水はほとんど与えずに冬越しさせましょう。

シャコバサボテンの用土

シャコバサボテンの栽培には、
水はけ・通気性ともに良い土が適しています。

もっとも楽なのは、
サボテン用の培養土を使う方法です。

シャコバサボテン専用の土
市販されていますので、
これを使うのが手っ取り早いでしょう。

自分で配合する場合は、
バーミキュライトとパーライトや軽石、
遅効性の肥料(リン成分が多いものだと
花付きが良くなりオススメ!)などを混ぜて、
作りましょう。

また水はけを良くするために、
鉢底には敷石をして下さい

根腐れ防止になります。

シャコバサボテンの植え替え

窓辺のシャコバサボテン

シャコバサボテンは
毎年もしくは隔年(1年おき)で、
植え替えしてやりたい植物です。

これを怠ると根詰まりして、
水はけと通気性が悪くなり、
根腐れが起こりやすくなります。

「基本的な植え替え方」
もちろんのこと、
「既に根腐れを起こしている場合の植え替え方」
書いてあるので、
合わせて参考にして下さい。

基本的な植え替え方

シャコバサボテンの植え替えに
最適なのは4月

手順は以下の通りです。

手順

■1.葉先を2~3枚ほど摘み取って、
先端部分を整えます。

■2.鉢植えから抜いて、根鉢を崩し、
古い土をある程度
(目安として3分の1くらい)落とします。

■3.根を半分から3分の1程度切り詰めます。
このときに枯れている根、傷んでいる根があれば、
合わせて取り除いて下さい。

■4.鉢底に2~3cmほど敷石をします。

■5.「4」の上に3分の1ほど用土を入れます。

■6.「5」の上の中央あたりに、
シャコバサボテンを置き、
周りにも土を入れていきます。

■7.植え付けが終わったあとは、
水をたっぷりあげて下さい。

根腐れ時の植え替えについて

植え替えの適期は4月ですが、
根腐れが起きやすいのは夏の暑い時期…
(植木鉢の中で蒸れます)

シャコバサボテンの植え替えは、
秋でも可能ですし、
根腐れしたまま放置するのも良くないので、
さっさと植え替えてしまいましょう。

根が腐っている場合は、
鉢植えから抜いたあと、
用土を一旦全て落としてしまいます

腐ってしまった根自体は治りませんので、
カットして元気な部分だけを残して下さい。

場合によっては、
根がかなり少なくなってしまうと思いますが、
仕方がありません。

また枯れた葉があるなら、
それもカットします。
根を大幅にカットしている場合は、
葉も思い切ってカットして下さい。

葉の表面から水分が蒸発するためです。
腐れた根を切り落とした直後の根では、
吸い上げられる水分が減っています。)

その後の植え替えは、
上で紹介した基本的なやり方と同じです。

上手くいけば再び大きく育ってくれます。

ただ当然ですが、必ず復活するとは限りません
根腐れの程度によっては、
植え替えても枯れてしまう場合もあります。

まだ元気があり、
木質化していない葉(茎節)があるなら、
挿し芽をしておくのも手です。

挿し芽の適期は4~7月ですが、
それ以外の季節でも上手く根付くこともあります。

適期以外でも諦めずに
試してみましょう。

(挿し芽のやり方はこの記事の
下のほうに書いてあります)

根腐れに液肥はオススメしない理由

シャコバサボテンの根腐れに対して、
「液肥を与えて様子を見る」
という意見も時折見かけますが、
あまりオススメしません

これはシャコバサボテンに限らず
弱った植物への肥料は負担にもなるからです。

液肥は素早く効くからこそ、
根腐れした株には負荷が大きすぎます。
人間でいう消化不良を起こしてしまうのです。

焦らずゆっくりと回復を待ちましょう。

根腐れに早めに気付くには

葉が赤くなり下がったシャコバサボテン

シャコバサボテンの根腐れに
早めに気付くには、
日頃からの観察が重要となります。

主なサインは

・葉(茎節)の色が赤味を帯びて、
ダラリとしている

・気根が生えている

といった変化です。

気根というのは、
土に接触していない部分から、
根が生えてくる現象のことです。

どうにか栄養を吸える根を生やそうとする
植物の防衛本能なのでしょうか。
根詰まりや根腐れが起きているときに
よく起こります。

育てているシャコバサボテンの様子を
よく観察して、
早めに異変に気付くようにしましょう。

シャコバサボテンの挿し芽のやり法

■1.なるべく状態の良い葉を、
2~3節つながった状態でカットします。

■2.鉢底に敷石をして
用土を入れた植木鉢を用意します。
鉢のサイズは3.5号ほどを目安に。

■3.2の土に何枚かまとめて挿し芽します。
この時、切り口側を土に挿すようにして下さい。

このまま育てていくので、
根付いたあとのことを考え、
円を描くように挿すのがオススメです。

挿し芽に使う土は
普通のシャコバサボテン用の土でかまいません。

(配合する場合は、
植え替えの項目で書いたとおり、
バーミキュライトとパーライトや軽石、
遅効性の肥料を混ぜて作ります)

また挿し芽する葉は、
木質化(茶色く変色し、木のように堅くなること)
していないものを選びましょう。

根腐れに注意して大事に育てよう

鮮やかなシャコバサボテン

以上、シャコバサボテンの根腐れについて、
原因と対処方法などでした。

サボテンの根腐れというと、
水のやり過ぎばかりが注目されがちですが、
それ以外が原因であることも多々あります。

むしろ単純に水を多くあげることだけが原因で
根腐れになることはまずありません

用土が水はけ&通気性の良くないものだったり、
根詰まりしているせいで、
やはり水はけ&通気性が悪くなっているからこそ、
水のやり過ぎが問題になることが多いのです。

是非、基本的なお世話を見直す機会にしてみて下さい。

もし既に根腐れが起きているときも、
植え替えで復活することもあります。
諦めずに試してみましょう。

酷いときは挿し芽での株更新
視野に入れつつ対処していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ガーデニング・草花・庭

執筆者:

関連記事

ノースポールの花アップ

ノースポールの種のとり方(採取方法)は簡単!

ノースポールの種のとり方(採取方法)は? こぼれ種から 自然と増えていくことが多いノースポール。 でも植えたい場所があるというときや 種をプレゼントしたいこともあるでしょう。 このページではそんなとき …

雪に埋もれたクリスマスローズ

クリスマスローズの冬越し!冬の管理方法は?

クリスマスローズの冬越しは、 比較的しやすいほうです。 もともと冬に生育旺盛になる 寒さに強い植物だからです。 ただ北国だとそれなりの対策が必要ですし、 冬の間に注意したい点もいくつかあります。 そう …

クリスマスローズ ピンク

クリスマスローズが持つ毒性について!部位・症状など詳しく

冬の庭園を華やかに彩ってくれるクリスマスローズ。 寒さに強い花は少ないので重宝する方も多いことでしょう。 でもこのクリスマスローズ… 実は毒がある…という話知っていますか? 当記事ではそんなクリスマス …

剪定後の切り口にボンドや絵具は有り?癒合剤の代用になる?

本来、剪定後の切り口の処理には癒合剤を使うものです。 しかしなかには、 「木工用ボンドや絵具(えのぐ)で充分!」 という声もあります。 専用アイテムのほうが良いのは当然ですが、 買う手間や費用がかかり …

リアル人工芝の口コミ!【1】芝人おやじのこだわり工房編

久々に話した友人が、 最近、リアル人工芝を引いたらしい! 昔は天然芝生を引いていたお家なのですが、 手入れが大変なので、 人工芝に引き直したのだとか…。 写真を1枚見せてもらいましたが、 思った以上に …