毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

ガーデニング・草花・庭

ウスネオイデスの増やし方は2種類!わかりやすく紹介!

展示されてるウスネオイデス

ウスネオイデスは、エアプランツ(チランジア)の中でも、
特に人気が高い品種です。

増やして、壁一面をウスネオイデスで覆いたい!とか、
他のエアプランツと合わせてディスプレイしやすいので、
もっとたくさん欲しい!という方も少なくないでしょう。

この記事ではそんな方々向けに、
「ウスネオイデスの増やし方」を紹介していきます。

スポンサーリンク

ウスネオイデスの増やし方!2種類紹介!

ウスネオイデスに触れる手

ウスネオイデスには2通りの増やし方があります。
種をとって蒔く方法株分けをする方法です。

それぞれ詳しく解説していきます。

★1.種を利用して増やすやり方

良い環境でウスネオイデスを育成すると、春から夏頃に花をつけます

花が枯れると種鞘が付き、
それが弾けると中から綿みたいな種が飛び出して来ます。
(外で育てている場合、飛んでいってしまうことも多いので注意!)

この種を水で湿らせたキッチンペーパーやティッシュ、コットンなどで包んで保管しましょう。
何ヶ月か経つと芽が出てきます。

発芽後は水を与え過ぎないように注意が必要です。
与え過ぎても、乾燥し過ぎても枯れてしまうので、
ここから5~6cm程度まで育てるのが、一番の難関かも知れません。

種を利用した増やし方は、なかなか楽しいけれど難易度が高めです。

効率良くウスネオイデスを増やしたいのなら、
次に紹介する株分けで増やす方法をオススメします

スポンサーリンク

★2.株分けで増やすやり方

ウスネオイデスは花を咲かせたあとに、
そこから新しい根が生えて子株ができる性質があります。
そこで切って、株分けをすればOK!

切るのはハサミでも、手で千切っても構いませんが、
切り口はなるべく清潔にしておきましょう。

株分け後のウスネオイデスは、同じように吊るして育てていきましょう!

このように株分けの適期は、花が咲く春頃かつ、
上記のように花が咲いたあとのところから分けるのが一番なのですが…

管理が上手くいっているウスネオイデスなら、
もっと雑な増やし方でも上手くいく場合が多いです。

例えば下の動画の方。

花が咲いたあとの…などといった点は特に気にせず、
サクサク切っていっていますが、増殖に成功しています。

また「11月に入ってから、株分けをしたけれど順調に育っている」

という方もいらっしゃいます。

あまり神経質に考えず、気軽にトライしてみましょう。

こだわりがないなら株分けで増やしていこう!

大量のウスネオイデス

以上、ウスネオイデスの増やし方を2つ紹介しました。

特にこだわりがないなら、
株分けで増やす方法をオススメします。
かかる手間も難易度も時間も段違いですからね…。

ウスネオイデスの増やし方は比較的かんたんですが、
増やすと風通しなどを気にする必要も出てきます。
ソーキング時の量も増えますしね…。

特に室内栽培は難易度がやや高めなので、
後々の管理まで考えながら、増やしていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ガーデニング・草花・庭
-

執筆者:

関連記事

ダイソーの人工芝2種を比較!サイズや芝丈は?

以前、こちらの記事で、 100均(ダイソー、セリア)のリアル人工芝をレビューしましたが… 昨日、ダイソーに行くと、 新しいタイプの人工芝マットが入荷されていました。 気になったので、早速購入! なかな …

夏に植える野菜!プランターで育てられるものだと何がある?

(さぁ、にゃにを植える?) 比較的手軽に家庭菜園を楽しめる、 プランターでの野菜栽培。 この記事では、 「夏に植える野菜のうち、 プランターで育てられるものって、 何があるんだろう?」 そんな疑問をお …

手の平にあるたくさんのどんぐり

どんぐりの使い道6選!はこんなにあるどんぐり活用法!

秋になると、そこらじゅうで拾えるどんぐり。 …というのは言い過ぎかも知れませんがw 自然が多く残るエリアなら、 案外間違いとも言えないんじゃないでしょうか。 普段は縁がない人でもハイキングに出掛けたと …

シクラメンの植え替えって毎年しないとダメ?

夏越し後、9月に入って涼しくなってきたら、 シクラメンは植え替えの季節。 そうとわかっていても… 「これって毎年必要なの?」 「正直、面倒だから1年くらいサボっても…」 「毎年、毎年、鉢が大きくなって …

栗の受粉~基礎知識や受粉樹の相性(ぽろたんについても)

栗の受粉について基礎知識や受粉樹についてなどを紹介! 比較的丈夫で、痩せた土地でも育てやすい栗。 しかも上手くすれば1~2年目から収穫できます。 ただし自家不和合性が強い(同品種では受精しづらい)せい …