毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

ガーデニング・草花・庭

びわの種!発芽までの流れとコツ!種まき時期も

「びわを種から育ててみたい!」

びわの実を食べたあとに残る大きな種を見て、
そう思ったことがある方は多いのではないでしょうか。

びわは実を結ぶまでに日数はかかるものの、
園芸初心者さんでも育てやすい果物です。

この記事では、
びわを種から発芽させて育ててみたい方向けに、
方法・コツなどを紹介していきます。
よろしければご覧下さい。

スポンサーリンク

びわの種!発芽しやすい植え方は?

びわを種から育てようと考えるとき、
そのほとんどは

種から植物を育てよう!となったとき、
最初の関門となるのは発芽です。

しかし幸いにも、びわは発芽しやすい部類に入ります。

そのため基本的な流れさえ押さえておけば、
高確率で発芽させることが出来ます。

発芽させるために押さえたいポイントは以下の通り

・果肉はしっかり取り除いてキレイにしておく

・種まきは4月下旬~6月くらいが適期

・埋める深さは2~3cm程度

・表面の茶色の皮にちょっとだけ傷を入れて発芽させやすくしてもOK!

・埋めたあとはしっかりと水をあげる

・植える場所は日当たりが良いところがおすすめ!

発芽までは1ヶ月程度です。

のんびりと待ちましょう。

スポンサーリンク

びわは育てやすい果樹だけど

以上、びわを種から発芽させるまでの流れ(コツ)の紹介でした。

序盤にも触れたとおり、
びわは園芸に慣れていない人でも育てやすい果樹の1つです。
病気に強いですし、剪定も必須ではありません。

特に地植えであれば、水やりすらほとんど不要なので、
「何も世話をしていないけれど、気付けば育っていた」
という例もあります。

ただ味を良くしたいなら、それなりの工夫は必要です。

また

・放っておくとかなり大きく育つ

・結実までに10年ほどかかる

という性質もあります。

なので適当に剪定をしつつ、気長に育てられる人向きです。

スポンサーリンク

-ガーデニング・草花・庭
-

執筆者:

関連記事

ゼラニウムの育て方!花が咲かない原因と対処法は?

ゼラニウムは比較的、育てやすく強い植物ですが、 それでもトラブルは起きます。 なかでも「花が咲かない」というトラブルを、 経験したことがある人は案外少なくありません。 この花が咲かないという症状にも、 …

秋に植える野菜!プランターでも育てやすいのはどれ?

プランター栽培に向いた、 秋に植える野菜って何がある? 虫が少なく 西日も柔らかになる秋は、 家庭菜園を始めるのに最適な季節です! そんな秋から植えられる野菜のなかから、 「プランターで育てやすいもの …

夕顔の実ってどんなの?画像も合わせて紹介~かんぴょうにも!

夕顔の実って知っていますか? はじめて「夕顔の実」という言葉を聞いたとき、 「朝顔、昼顔の仲間の夕顔?あれだけ実をつけるんだ!」 なんてことを思いました。 でもそうではないのです。 実は夕顔には「ヒル …

いろんなエアプランツ(チランジア)

エアプランツ(チランジア)の種類は大別して3つ!見分け方も紹介

真夏の暑さにも強いエアプランツ(エアープランツ、チランジア)。 土がなくても育てられる品種が多い点や、 乾燥に強い点から、ひそかな人気を誇っています。 当記事ではそんなエアプランツの種類を分かりやすく …

いちご 種 取り方は?スーパーのいちごから種を取って栽培

いちごって、種だらけですよね! 「1粒に種があれだけついているのだから、 それを元に育てられないだろうか?」 なんて考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 いちごのつぶつぶはちゃんとし …