毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

*

熱中症の症状~1度の場合に表れる症状と効果的な対応

熱中症ロゴ

熱中症になる人って、
近年増えてきているらしいですね。

熱中症の症状には、
「1度から3度」までがあります。

1度が軽症、2度が中等症、3度が重症です。

この記事では、
軽度ではあるけれど侮れず、
なってしまう人も多い、
熱中症1度の具体的な症状と、
それに対する対応を紹介していきます。

スポンサードリンク

そもそも熱中症って?

1度の症状について解説する前に…

誤解もよく見かけますので、
「熱中症とは何か」ついて、
簡単に説明したいと思います。

熱中症とは、
暑さに体が上手く適応出来なかったことによって出る、
身体的な障害の総称です。

日射病と混同されがちですが別物ですし、
熱中症の場合は、室内でなる人も珍しくありません

強い日差し(強烈な日差しは直接浴びなくても、
気温上昇による熱中症を引き起こす。)

熱中症1度の症状

暑がり水分補給をする女性

熱中症の1度は、
いわば「初期症状」の段階。

具体的な症状としては、

・目眩、ふらつき

・突然、目の前が真っ暗になる(眼前暗黒)

・手足のしびれ

・顔色が悪くなる

・血圧の低下

・筋肉痛や硬直

・こむら返り

・腹筋や四肢の痙攣

などです。

また国際分類だと1度は

体温:正常

皮膚:正常

汗:(+)

意識:正常or失神

と決められています。

また1度の症状のうち、

意識が正常な場合は熱痙攣

意識が消失している場合は熱失神

というふうに分類されることもあります。

見過ごされがちな熱中症1度の症状

さて、紹介した症状を見るとわかりますが…

1度の症状は、

「最近、暑いしちょっと疲れているのかな」

「大して運動してないのに筋肉痛なんて、歳かな」

なんてふうに、
思わず流しがちなものがほとんどです。

また日射病のイメージが、
熱中症に混ざって、

「私は室内にいる時間が多いから、
熱中症ではないよね。」

と思い込んでしまうケースもあります。

しかし「そもそも熱中症って?」の項目で、
説明したとおり、室内でも熱中症は発生します。

熱中症は21℃から25℃で要注意。
25℃以上になると段階的に患者が増え、
31℃以上になると、急増します。

なので室内でも、
25℃以上になっていて、
1度の症状に当てはまるものがあるなら、

「もしかしたら熱中症かも?」

と疑ってみるのも良いでしょう。

これから紹介する対応方法を、
試してみるのもオススメです。



スポンサードリンク

熱中症の症状が1度のときにとりたい対応

熱中症は程度に関わらず適切な処置を取る必要がある。

とされています。

では、具体的に
どんな処置が適切なのか?

主なものを紹介していきます。

★日陰で休む

日陰で休む猫様

もしも日光が当たる場所にいるなら、
日陰に入って、一休みしましょう。

★水分補給

飲み物(水筒とペットボトル)

基本中の基本ですね。

汗によって足りなくなった、
水分を補給し、体温も下げます。

こういうとき、
つい水をがぶ飲みしたくなるかも知れません。

でも汗によって失われたのは、
水だけではありません。
ナトリウムを中心とした、
ミネラルも大量に失われています。

水分以外にも、
汗に必要な成分をバランス良く補給することが大切です。

しかし実はスポーツドリンクには、
アイソトニック飲料とハイポトニック飲料という種類があります。
それぞれ効果的な摂取の仕方が違うのです。

詳細については
こちらの記事で解説していますが、

大雑把にまとめると

・アイソトニック飲料は糖分濃度が高め。
通常時の水分補給向き

・ハイポトニック飲料は糖分濃度が低め。
運動中などで血糖値が下がっているとき向け

・アイソトニック飲料を薄めると
ハイポトニック飲料の代用になる

という内容です。

そしてメジャーなスポーツドリンクである

「ポカリスウェット」
「アクエリアス」

の2つは、

どちらもアイソトニック飲料です。
なので運動中や、その直後に摂るのであれば、
2倍から3倍に薄めなければ吸収が遅い
という点に注意して下さい。

また「熱中対策水」「経口補水液」という、

熱中症や脱水症に特化した
飲料も売られています。

どこにでも売っているものではありませんが、
手元にあれば、それらを飲むのも有りです。

ただこれらの熱中症対策に特化した飲み物は、
塩分が高いので、日常的には飲まないようにしましょう。

★締め付けの少ない服装になる

ポロシャツ

少しでも血流がよくなるように、
締め付けの少ない服装になりましょう。

服装をすぐに変えられない場合でも、
例えばネクタイ姿ならネクタイを緩める、
ベルトをしているならベルトだけでも緩めるなど、
出来ることはあります。

★体を冷やす

167459

ネッククーラーを使う、
冷えたタオルを顔や体に当てる、
扇風機に当たる、
うちわを活用する、

などの方法で、
体を冷やすのも有効です。

体を冷やす方法について詳しくは、
こちらの記事(準備中)にまとめてありますので、
よろしかったら、こちらもどうぞ!

1度の症状でも長く続くようなら病院へ!

草原とペットボトル飲料

以上、
熱中症1度の症状と対策を
紹介させていただきました。

大抵はここで紹介した対応をし、
少し時間を置けば症状が治まると思います。

ただ稀に長引くこともあるようです。
その場合は、放置せずに病院に行きましょう。

たかが熱中症と侮ると重症化するケースもありますし、
別の原因からきている症状かも知れません。

 - 健康, 生活