毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

ガーデニング・草花・庭

ウスネオイデスの種類!細葉・極細はやはり枯れやすいのか?

ウスネオイデスといえば、
エアプランツのなかでも定番中の定番

大量に束ねれば、それだけで存在感がありますし、
少量だけならかすみ草のように、他の植物に添えやすいしで、
非常に使い勝手の良いエアプランツなのです。

そんなウスネオイデスの中にも幾つかの種類があります。

この記事では、そんなウスネオイデスの種類と、
どんな違いがあるのか育てやすいのはどんなウスネオイデスかなどについて解説していきます。

スポンサーリンク

ウスネオイデスには幾つかの種類がある!

チランジア(エアプランツ)の一種であるウスネオイデスですが、
そのウスネオイデスのなかにも幾つかの種類があります。

具体的に何が違うのかというと、葉の太さや色味、長さです。

ウスネオイデスの種類の違いは、
原産地・環境によって生まれます。

本来は同じウスネオイデスなのですが、
海岸の側から、山の高い位置まで幅広く生息しているため、
様子にも違いが出てくるのです。

一般的には細葉、中葉、太葉の3種類で区別されていますが、
細葉のなかでも特に細いものを極細と呼ぶ場合もあります。

そして、これらの違いにより、
育ちやすさや耐性にもいくらか差が出てきます

やはり太葉のほうが、細葉(極細)のウスネオイデスより丈夫で育ちやすいです。
太い分、内側に水分や栄養素を貯め込むことが出来るため、
少し水やりを忘れたり、直射日光を浴びたりしても致命的なダメージになりづらい傾向があります。

反面、細葉は乾燥しやすく、変色して枯れてしまいやすいので、
ウスネオイデスを育てたことがない方は太葉からチャレンジすると良いでしょう。

(中葉は細葉と太葉の中間くらい)

スポンサーリンク

ウスネオイデスの種類に関する動画

ウスネオイデスの種類について触れた動画も紹介していきます!

細葉と太葉のウスネオイデスの紹介。
お世話についても解説されています。

3種類のウスネオイデスが紹介されている動画です。

葉の太さの違うウスネオイデスの他に、
色味が違うタイプの紹介もされています。

細葉でカールがかなり強めのウスネオイデス紹介動画。

かけられる手間や環境 好みに応じて選ぼう!

以上、ウスネオイデスの種類についての紹介でした。

特にこだわりがなければ太葉で長すぎない個体が育てやすくオススメ

ただ細葉や極細のほうが見た目が好み!という方もいらっしゃるでしょう。

こまめに水やりやソーキングをし、
その後蒸れづらい環境を用意できるのであれば、
細葉からチャレンジしてみるのも有りだと思います。

自分の育成環境・好みに合うウスネオイデスを選びましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ガーデニング・草花・庭
-

執筆者:

関連記事

少し元気がないシャコバサボテン

シャコバサボテンが根腐れ!原因と対処・植え替え方法も

育てていたシャコバサボテンが根腐れ… ショックですよね。 当ページでは、 ・根腐れの原因は? ・どうすれば根腐れしないのか? ・根腐れに早めに気付けるサインはある? ・根腐れ後の対処方法について とい …

塀の前のムスカリ

ムスカリの花が咲かない!理由と対処法は?

ムスカリの花が咲かないのは何故? どう対処すれば良い? 丈夫で手間がかからず、 初心者でも育てやすいムスカリ。 でも葉は元気そうなのに、 花が咲かない… なんてことも起こります。 この記事では、 ムス …

徒長気味なウチワサボテン

ウチワサボテンの徒長とは?対処方法や予防も紹介!

「ウチワサボテンの徒長(とちょう)の解消・予防って、どうすればいいの?」 サボテンのなかでも、 生長が早く、丈夫な部類です。 でもどういうわけか、ヒョロッと細い状態で伸びてしまうこともあり、 これを徒 …

リアル人工芝の口コミ!【3】リアル志向!ニトリ、リーベ

この記事は、 リアル人工芝の口コミ!【1】 リアル人工芝の口コミ!【2】 の続きです。 上記の2記事をまだ読まれていない方は、 先にそちらを読むことをオススメ致しますm(_ _)m

レモンイエローの鑑賞用唐辛子

唐辛子 鑑賞用のものも食べられる?食べると危険?

唐辛子(トウガラシ)というと色は赤か緑。 形は細長くて先が尖っている、鷹の爪型をイメージする方が多いでしょう。 しかし「鑑賞用 唐辛子」として売られているタイプですね。 気になるのは、この鑑賞用の唐辛 …