毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

ガーデニング・草花・庭

いちご 種 取り方は?スーパーのいちごから種を取って栽培

いちごって、種だらけですよね!

「1粒に種があれだけついているのだから、
それを元に育てられないだろうか?」

なんて考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いちごのつぶつぶはちゃんとした種子なので、
取り除けば、種にすることが出来ます。

ただ普通の果物の種と違って、
少々取りづらいですよね。

この記事では、いちごの種の取り方を紹介します。

スポンサーリンク

いちごの種!取り方のコツ

いちごの種を取るには、ちょっとしたコツがあります。

それは
「周辺の果肉を乾燥させる」
もしくは逆に
「果肉をふやかす」
ことです。

※厳密に言うと、いちごの赤い部分は「果実(果肉)ではなく茎」なのですが
便宜上、この記事では赤い部分を果実として説明していきます。

具体的な手順は以下の通り。

【乾燥させるver】

1.いちごの表面を種ごと剥きとる
ニンジンやジャガイモなどの皮を剥く要領で!

2.「1」で剥いたものを、新聞紙やキッチンペーパーなどに貼り付ける
果肉の水分を吸わせるのが目的。
吸水性が高い他のもので代用してもOK!

3.果肉が乾燥して、種が浮き出るのを待つ
大体2日程度で、果肉が乾燥し、種が浮き出てきます。

4.「3」の種を綺麗に洗う
最後に種をキレイに洗って、おしまいです。

少し日数がかかってしまいますが、
取り方自体はとても簡単です。

その日のうちに取りたい場合は、
次に紹介する「ふやかす」方法がおすすめ!

【ふやかすver】

1.いちごの表面を種ごと剥きとる
先ほどと同じですね

2.「1」をきれいな水のなかに入れて放置する
だいたい2時間程度置いてふやかします。

3.種の周りから果肉を取る
果実が柔らかくなっているので、種から外しやすくなっています。
そっと手で取る他、ピンセットなどを使うのも手。

4.取った種を軽く洗う
最後に軽く洗って、おしまいです。

ふやかす方法だと種子に水分がたっぷり吸収されるので、
発芽率UPも期待出来ます。

どちらも簡単な取り方なので、
是非、実践してみて下さい。

ただ採取した種で育て始める前に知っておきたい注意点もあります。

次のページでは、そのことについて説明していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

> 続きを読む 

-ガーデニング・草花・庭

執筆者:

関連記事

栗の受粉~基礎知識や受粉樹の相性(ぽろたんについても)

栗の受粉について基礎知識や受粉樹についてなどを紹介! 比較的丈夫で、痩せた土地でも育てやすい栗。 しかも上手くすれば1~2年目から収穫できます。 ただし自家不和合性が強い(同品種では受精しづらい)せい …

シクラメンと雪だるまの飾り

シクラメンの育て方!冬の間のお世話について

シクラメンといえば、冬に咲く花の代表格。 花屋さんでも、秋から冬頃に 鮮やかな鉢植えを見かけることが多いですね。 華やかさに惹かれて、購入したけれど、 どう育てたら良いのかわからない…。 そんな方もい …

いろんなエアプランツ(チランジア)

エアプランツ(チランジア)の種類は大別して3つ!見分け方も紹介

真夏の暑さにも強いエアプランツ(エアープランツ、チランジア)。 土がなくても育てられる品種が多い点や、 乾燥に強い点から、ひそかな人気を誇っています。 当記事ではそんなエアプランツの種類を分かりやすく …

徒長気味なウチワサボテン

ウチワサボテンの徒長とは?対処方法や予防も紹介!

「ウチワサボテンの徒長(とちょう)の解消・予防って、どうすればいいの?」 サボテンのなかでも、 生長が早く、丈夫な部類です。 でもどういうわけか、ヒョロッと細い状態で伸びてしまうこともあり、 これを徒 …

ゼラニウムの育て方!花が咲かない原因と対処法は?

ゼラニウムは比較的、育てやすく強い植物ですが、 それでもトラブルは起きます。 なかでも「花が咲かない」というトラブルを、 経験したことがある人は案外少なくありません。 この花が咲かないという症状にも、 …