毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

*

紫外線アレルギーの症状とは?光線過敏症など別名も紹介

紫外線アレルギーとは、
その名称から連想される通り
紫外線を浴びることで、さまざまなアレルギー症状が現れることを指します。

一般的には紫外線アレルギー日光アレルギーという呼ばれていますが、
医療現場だと「光線過敏症」「光線過敏反応」という表現のほうがメジャーなので、
こちらで聞いたことがある方もいらっしゃるかも知れません。

この記事では紫外線アレルギーで現れやすい部位と症状について解説していきます。

スポンサードリンク

紫外線アレルギーの症状が現れやすい部位

紫外線アレルギーが現れやすいのは、
顔、首、デコルテ、手の甲などの日光に当たりやすい部分です。

紫外線によってアレルギー反応が現れるので、
当然といえば当然ですね。

女性であれば、顔の紫外線対策は自然としている方が多いでしょう。
最近のファンデーションやBBクリーム、化粧下地などの多くには、
UVカットのための成分も含まれていますからね。

そのぶん、首やデコルテに別途日焼け止めクリームを塗るのを、
忘れたり、サボったりしやすくなるという一面もあります。
注意したいところです。

また人によっては、目に紫外線アレルギーの症状が現れたり、
体調に変化が起きる場合もあります。

紫外線アレルギーの症状

次に紫外線アレルギーで現れる症状について、
詳しくみていきましょう。

★肌に現れる症状

肌に現れる症状で圧倒的に多いのは、赤みや湿疹(ブツブツ)です。

これらに痒み(かゆみ)を伴うケースも多く、
「掻きむしって、余計に悪化させてしまう」というパターンも珍しくありません。

酷くなると赤く腫れあがって熱をもったり、
じんましん、水ぶくれなどの症状が現れることもあります。

★目に現れる症状

目に現れやすい紫外線アレルギーの症状は充血です。

他にも腫れや異物感(ゴロゴロする)
太陽を浴びると沁みるような感覚がしたり、涙が出てくるなどの症状が現れることもあります。

こうした症状は、紫外線による角膜の炎症によって現れている場合がほとんどです。
但し、重症になると水晶体にまでダメージがいっていることもあります。
水晶体は回復することが出来ませんので、そうなる前に眼科に行きましょう。

★体調などに現れる症状

日光の熱や紫外線による体力の消耗や眼精疲労といったダメージが重なると、
体調面にも変化が現れることがあります。

パターンとしては頭痛や吐き気が多く、
場合によっては、熱が出ることもあります

スポンサードリンク

症状がつらいなら受診も視野に入れよう

以上、紫外線アレルギー(光線過敏症)による症状の紹介でした。

なるべく紫外線を浴びないようにするのはもちろんのこと、
症状が重い場合は病院での治療も考慮しましょう。

紫外線アレルギーの症状のは、
他のアレルギーや単なる体調不良と似ているため、
自己判断が難しい一面もあります。

判断に迷う場合も、眼科や皮膚科などで相談してみると良いでしょう。

 - 健康