毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

*

扇風機の風で死ぬことはある?首振り運転の場合は?【前半】

床置き扇風機(はたして、コイツは凶器に成り得るのか!?)

「扇風機で死ぬことがある」

なんていうウワサを聞いたことがありませんか?

扇風機が鈍器として活躍したとか、
扇風機を利用した巧みなトラップが組まれたとか、
そういう話ではなくて、

「寝ている間に扇風機の風が当たって
体が冷えて死ぬことがある」

というウワサ話です。

一見、嘘っぽいのですが、
信憑性がありそうな説や情報
幾つかあるので、
笑い流すことはできません。

またもしも死ぬ危険がある場合、
首振り機能を使えば、
そのリスクを軽減できるのかどうかも
知りたいところです。

ではまず、
「扇風機で死ぬ」という話の出所と、
「どのように死ぬという流れなのか」
をみていきましょう。

スポンサードリンク

「扇風機で死ぬ」という話の出所は?

そもそも「扇風機で死ぬ」という話の出所は?というと、
1970年代から1980年代の新聞で、
何度か死亡例が報道されたところからだと思われます。

1987年の毎日新聞では、
「都内では’86年にクーラー・扇風機が人を殺す例が5件あった」
なんていう掲載も!

しかし
「扇風機やクーラーが人を殺す」
って、何だか変な響きですね^^;

扇風機に近づく猫(お前、本当は危にゃい奴なのかにゃ?)

また元プロ野球選手の吉沢岳男さんの死因は、
「扇風機の電源の切り忘れたための脳出血」
だといわれているそうです。
(吉沢岳男さんは当時38歳。
但し上記の説について、裏づけは無し)



スポンサードリンク

どうしてそんなことが起こり得るの?

さて…新聞で報道されたこともあるとなると、
「根も葉もないウワサ」ではなさそうです。

ではいったいどういう流れで
「扇風機による死者」
発生すると言われているのでしょうか?

幾つかの説がありますが、
特に支持されている説は以下の通りです。

「汗を掻いて扇風機にあたると、
その風によって、汗がどんどん蒸発していく。
これによって熱が奪われ、低体温症になって死ぬ。」

もしくは

「同じく汗が
どんどん蒸発していくことにより脱水症状に陥る。
その結果、血液がドロドロになってしまい、
心筋梗塞脳梗塞が起きて死ぬ。」

うーむ。

なるほど、そういうことですか。
新聞でも報道されていたようですし、
その理論も何だかそれっぽい。

これは実際にありそうですね。
じゃあ次は首振りでも起こるのかについて…

なんて思いたくなりますが、
ちょっと待って下さい!

新聞の内容がいつも正しいとは限りませんし、
上記の理屈についても、
本当に起きる可能性があるのでしょうか?

まだまだ長くなってしまうので、
ここで記事を分けます。

続きは
■扇風機の風で死ぬことはある?首振り運転の場合は?【後半】
をご覧下さい。

 - 健康, 雑学