毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

アウトドア

オートキャンプ場とは?普通のキャンプ場との違いを解説!画像有

オートキャンプ場とは、
どういうキャンプ場なのか?

普通のキャンプ場とどう違うのか?

「オートキャンプ」のみだと、
どういう意味になる?

オートキャンプ場の
メリットとデメリットは?

などなど、
オートキャンプ場に関することを
画像を交えながら解説していきます。

スポンサーリンク

ずばりオートキャンプ場とは!

かんたんに言うと

「車をキャンプサイトまで乗り入れられるキャンプ場のこと」

のことです。

普通のキャンプ場だと、
車は駐車場に停めますよね。

でもオートキャンプの場合、
自分が利用するキャンプサイトまで、
車を乗り入れることが出来ます。

この画像はオートキャンプ場の一例です。

このようにテントを張る場所の、
すぐ隣まで車で来れます
またテントではなく、
バンカローコテージを利用できる
オートキャンプ場もあります。

(バンカローだとこんな感じ)

因みに「オートキャンプ」のみ
(「場」が付かない)だと、
「車を利用したキャンプ」という意味になります。

例えばキャンピングカーによるキャンプ
オートキャンプの代表格です。

スポンサーリンク

オートキャンプ場を使うメリットとは

(通常のキャンプ場。
荷物の移動だけでも距離があると大変)

オートキャンプのメリットは、
とにかく楽なところです。

テントやバンカローなどの
隣まで車で行けるので、
荷降ろしもすぐ

なんなら必要なときに、
必要なぶんだけ
降ろすことも出来ます。

もちろん移動だって楽です。

こうした特徴から、
小さい子どもがいる家庭や、
レジャーとして気軽にキャンプを楽しみたい層
利用者が多い傾向があります。

普通のキャンプ場だと、
駐車場からキャンプサイトまで、
荷物を持って移動したり、
小さい子どもを連れて歩いたりするだけでも
大変ですからね。

オートキャンプ場のデメリットとは

オープンキャンプ場のメリットは、
そのままデメリットにも成り得ます

車の乗り入れが出来、
子連れでの利用もしやすいだけに、
事故が起こりやすい場所でもあるのです。

また野営に慣れてない利用者も多いので、
何かと問題が発生しやすいという声もあります。

ゴミをきちんと片づけない人がいたり、
他人のキャンプサイト(それぞれがキャンプで利用できる区域)に
勝手に入り込んで、
トラブルが発生するケースも残念ながらあるようです。

普通のキャンプ場に比べ、
幅広い層の人たちが集まりますので、

「多様な価値観があると留意しておくこと」

「お互いに配慮すること」

が重要です。

気を抜き過ぎず楽しもう!

ここまで書いてきたとおり、
オートキャンプ場は、
気軽にキャンプが楽しめる場所です。

ただ気を抜き過ぎると、
上述したような事故やトラブルも起きかねません。

そんなことが起きてしまえば、
楽しいキャンプが台無しです。

車への注意はもちろん、
周囲への配慮も忘れずに
楽しみたいものですね。

オートキャンプに関する
詳しい情報が欲しい方は、
日本オートキャンプ協会のサイト
参考になりますよ。

スポンサーリンク

-アウトドア

執筆者:

関連記事

サングラスの調整方法は?自分で&お店で無料でできる条件!

サングラスを買ったものの、 サイズが合わない… もしくはかけているうちに、 何だか合わなくなってきた。 なんてことありますよね。 サングラスのフレームは、 自分でできる調整方法もありますし、 お店で調 …

登山帽子!おしゃれなレディースハット秋冬ver

秋冬の登山帽子、 防寒性も大事だけど、 デザインだって大切ですよね。 この記事ではレディースの 「おしゃれな秋冬向き登山帽子」 を紹介していきます。 春夏向きの登山帽子については、 こちらの記事にまと …

キャンピングカーのベッドを自作!イレクター編!

キャンピングカーのベッドの自作には イレクターが便利!! 基本は組み立てるだけだけど、 (場合によってはパイプをカットすることも有) カスタマイズ性が高く、 ホームセンターなどでも入手できる… まさに …

サングラスの調整~鼻部分の調整!パッド無しverの方法も!

サングラスを 快適にかけ続けるためには、 調整も重要です。 この記事では 鼻当ての部分の調整を、 「自分でやる方法」について、 取り上げていきます。 通常の鼻パッドの調整方法はもちろんのこと、 鼻パッ …

ワンタッチタープテント~あなたにおすすめのサイズは?

アウトドア派なら持っておきたい、 そんなアイテムの1つ、ワンタッチタープテント。 おすすめのサイズはどれ? 大きすぎても場所に困りますが、 狭苦しいのもイヤですよね。 (もう入るスペースなさそう…) …