毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

*

さくらんぼの発芽方法は?ぐぐっと発芽率をUPさせちゃおう♪

さくらんぼの発芽方法って、
どうすれば良いの?

さくらんぼをつまむ手

美味しく食べたさくらんぼ。

「種を埋めてみたけど、発芽しない…。」

「何度か撒いてみても、
1度も芽が出たことがない…」

そんな声も、結構聞きます。

それもそのはず。
実はさくらんぼの種って、
すごく発芽しづらいんです。

でも諦める必要はありません!

発芽方法のポイントを押さえることで、
発芽率をぐぐっと上げることが出来ます♪

この記事ではそのポイントも、
しっかり紹介していきます^^ノ

スポンサードリンク

具体的な発芽方法の前に…

さて、発芽率を上げる方法を、
紹介していきたいところなのですが…

その前に当ブログの

■さくらんぼの育て方~種から育てたい!と思っている方へ!

上記の記事をまだ読んでいない方は、
ご一読いただくことをオススメします。

さくらんぼを育てる前に、
知っておいたほうが良いことをまとめてあります。

成功率の高いさくらんぼの発芽方法

それでは、いよいよ、
さくらんぼの発芽率を上げるための
方法を紹介していきます。

★数は多めに確保!

さくらんぼいっぱい(世の中、大体のことは数でカバーできる)

さくらんぼの種は、
発芽率が低いほうです。

特にお中元などでも人気がある品種は、
わざと種から発芽しづらいように
改良されているケースもあるので、多めに確保しましょう。

(自社のさくらんぼの売り上げを守るためには、
種から簡単に増やされたくないでしょうしね^^;)

★水に入れて種を選別

食べ終わったばかりの種は
周りがヌルヌルしています。
キレイに洗ってから、
水を張ったカップに入れてみましょう。

そのまま1日様子を見ます。

このとき浮いてくる種は、
発芽する可能性がかなり低いので、
除外して下さい。

★発芽には「低温湿層処理」が必須!

さくらんぼの種を発芽させるには、
程良く湿った状態で、冬の寒さを経験させる必要があります。

「低温湿層処理」と呼ばれる方法なのですが、
これをしなければ、ほぼ発芽しません

具体的には、
5℃以下の程良く湿った土の中で、
3ヶ月程度、種に低温状態を経験させます。

このときに種が過度に乾燥してしまうと、
発芽しなくなるので注意が必要です。

★家庭用冷蔵庫での種保存は微妙…

さくらんぼの種を湿らせたティッシュなどで包み、
冷蔵庫に保存しておく…
という人もいるようです。

ただ一般家庭の冷蔵庫だと、
温度が保存には高すぎるので、
予期せぬ時期に発芽してしまうケースがあります。

土のない場所で発芽すると、
栄養を吸収できず駄目になりますし、
すぐ気付いて外に植えても、
生えたばかりの芽に
寒い冬を越すだけの力はありません。

なので、この方法は避けたほうが無難でしょう。

★殻を割って発芽を助ける方法も

さくらんぼの種って、
殻がかなり堅いですよね。

なので1度掘り出して殻を割り
土に戻して、発芽を助ける方法もあります。

あまり早めに割ると、
寒さで土が凍ったときに、
種が駄目になることがあるので、
3月上旬頃がオススメです。

このとき、種の中が液体状になっていることがあります。

これは種を取った実が熟していなかったか、
受精不全で胚が充分に育っていない種です。

もちろん発芽しませんので、捨てましょう。



スポンサードリンク

上記ポイントを押さえた発芽方法の例

さくらんぼと布

以上が、
さくらんぼの種から、
発芽を成功させるポイントです。

これらのポイントを押さえた方法で、
比較的手軽なものを、
1つ例に紹介したいと思います。

1.食べたあと洗って、水に入れ種の選別

2.室外に置いてあるプランターなどに土中保存
(水はけはある程度良くしておく)

3.土が乾きすぎないよう注意する

4.2月頃に本来の場所に種を撒く
(場合によっては、3月上旬に殻を割る)

こうして書くと簡単そうですが、
「長期間、土が乾きすぎないように管理する」
というのは、
やってみると結構大変です^^;

ここまでやっても、
必ず発芽するわけではありません
でも20個くらい埋めておけば、
そのうち何個かは発芽する可能性が高いでしょう。

試行錯誤もさくらんぼ育成の楽しみ?

cherries-826113_640

こうしてまとめてみると…

さくらんぼって、
発芽方法だけでも、大変!

しかも芽が出てからも、
実がなるまでには数年かかるし、
育ってくると害虫もつきやすかったりして、
なかなか厄介な果樹なんです;

高価なうえに、数も出回らない果物には、
やっぱりそれだけの理由があります(ノ∀`)

でも発芽方法1つとっても、
いろいろ調べて、
芽が出てからも時間をかけて育てると、
その分、愛着も湧きますし、
試行錯誤も育成の楽しみです^^

ちょっと手強い果樹ではありますが、
そのぶん、やりがいはありますよ!

苗程度まで育ったあとの育成方法は、
こちらの記事にまとめてあります。

発芽に無事成功された方は、
是非、読みに来て下さい。

 - ガーデニング・草花・庭