毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

*

ホワイトデーに渡すお返しの意味一覧&理由まとめ

ホワイトデーといえば、
バレンタインデーのお返しの日。

私が小さかったころは、

「バレンタインデーはチョコレート、
ホワイトデーはクッキーかマシュマロ」

というのが定番で、
「どんなお菓子か」という部分に意味はなかった気がしますが…

最近はホワイトデーに渡すお返しには、
いろいろな種類があって、
それぞれに意味があると言われているようで…
気になったので、調べてみました。

というわけでこの記事では…

まず「お返しとその意味」を簡潔にまとめた一覧を、

そのあとで、
「どうしてそういう意味だと言われているのか?」という理由(由来)を軽く解説していきます。

(下に続きます)

スポンサードリンク

ホワイトデーに渡すお返しの意味一覧

ではさっそく、お返しに渡すお菓子の意味一覧からどうぞ。

【好意的】

キャンディー・・・好き、末長い関係

マカロン・・・特別な相手

カップケーキ・・・特別な相手(メジャーではない)

キャラメル・・・安らげる関係(メジャーではない)

バームクーヘン・・・幸せな関係がずっと続きますように

マドレーヌ・・・もっと親密になりたい、あなたを知りたい

【中立的・義理】

クッキー・・・友人でいよう、ドライな関係

【お断り・嫌い】

マシュマロ・・・やんわりとしたお断り、嫌い

グミ・・・嫌い(メジャーではない)

【特に意味がない】

チョコレート、ケーキ、ドーナツ、和菓子、
ゼリー、プリン、シュークリームなど

極少数派の意見に対しては、
「メジャーではない」との但し書きを付けています。

ホワイトデーに渡すお返しの意味の由来

さて、ホワイトデーに渡すお返したちに込められた意味の由来(理由)についてですが…

ぶっちゃげ、その多くがこじつけです。

幾つか例を挙げてみると、

「キャンディーは甘くて硬いし、舐めて長く楽しめる。
だから甘くて長く続く関係」

「クッキーは乾燥しているし、割れやすい。
だからドライな関係。義理もしくは友達止まりだね」

「マシュマロは中身があることも多く、包み込むイメージ。
だからバレンタインデーにもらった気持ちを柔らかく包んで返す、
やんわりとしたお断り」

「マシュマロはすぐに溶けて無くなる。
だからマイナスの意味」

という感じですね。

まあわからなくもありません。

ただ話の出所もわかりませんし、
昔から言われていたわけでもないので、
どの程度、意味があるのか?となると微妙なところです。

正直に言うと個人的には、

「誰かが友人に対して適当に言ってみたのが、
広まったのでは…?」

という印象が強い^^;

しかもマカロンやカップケーキに関しては、

値段も高く、入手難易度も高め、
見た目にも特別感があるものが多いので」

なんて理由でした。

もちろん「値段や入手難易度、見た目」を、
愛情を測る基準の1つにすること自体は否定しません。

でもそれなら、

「どのお菓子に、どんな意味が込められているかではなく、
値段やデザイン、入手難易度が重要」

という話になっちゃうと思うんですよね。

コンビニで売ってる200円程度のマカロンよりは、
有名洋菓子店のクッキーや、
テレビで話題になっていて入手困難な限定ケーキのほうが、

そりゃあ、気持ちがこもっているでしょうし、
受け取った女性側もそう感じるでしょう。

逆にキャンディーなどに合わせた見方をすると、
マカロンは割れやすさでいえばクッキー以上に脆いわけで、
「すぐに崩れる関係」なんて意味を口にする人が現れても、
不思議がないくらいです。

そんなわけで

「ホワイトデーに渡すお返しの意味の由来は、
だいたい適当なものだから、
あまり真剣に捉えるのもどうかと思う」

というのが、私の結論です。

ただ例外もあります。

バームクーヘンの
「幸せな関係がずっと続きますように」
がそうです。

これはホワイトデー特有の意味ではなく
バームクーヘン自体に言われている意味で、

「途切れることなく重なり合っている、
だから縁起が良い」

と言われています。

もともと結婚式の引菓子に選ばれることも、
多い洋菓子なのです。

またマドレーヌの形である
「貝」も同じくホワイトデーとは関係なく、
縁起が良いと言われているものです。

2枚貝はぴったりと合わさることから、
相性の良い夫婦を意味するとされています。

そのため結婚式では、
貝に関する引き出物が用意されることも珍しくありません。

スポンサードリンク

渡す側なら意味を少し意識したほうが良いけれど

以上、

ホワイトデーに渡すお返しの意味についてでした。

あなたがお返しをする側なら、
少し意識してみると良いかも知れませんね。

特に義理なので、勘違いされたくないという場合は、
クッキーやドーナツなどを選んだほうが無難でしょう。

でも本命ならお菓子の種類にこだわるよりは、
手書きのメッセージカードを添えるなどして、
思いをしっかり伝えていきたいところです。

逆にあなたがホワイトデーにお返しを受け取った側なら、
あまり気にしすぎないほうが良いかも知れません。

正直なところ男性は、
こういうのまったく気にしない人の割合が高めです。

それよりも渡されたときの態度や、
一生懸命選んでくれたことが感じられるプレゼントかどうかなどから、
判断していきましょう。

 - 年間行事, 恋愛