毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

*

そうめんの薬味!私のお気に入りランキングを作ってみた!

具材入りそうめん

そうめんを美味しく食べるうえで、
重要なものの1つが薬味!

そうめんは私の大好物の1つなので、
春から秋までの間、
いろいろな薬味で楽しんでいます。

そんな私の好きな
「そうめんの薬味」をランキングにしてみました!

そうめんを食べる予定のアナタ!

良かったら、
参考にしてみて下さい♪

スポンサードリンク

レジェンド枠「ネギ」

こねぎ

ランキングを作るうえで、
1番悩んだこと…

それは「ネギ」の扱いです。

そうめんに限らず薬味では、
もはや定番中の定番
ほとんどの人が入れていますよね。

私も大好きで、
うどんにも、お味噌汁にも、
お蕎麦(おそば)にも、ラーメンにも…

どっさり入れますし、
外食のときは追加しますからね。

そうめんを食べるときも、
ネギは絶対に入れています。

個性を持っているのに、
他の薬味たちとも不思議と調和する…
そこがネギの魅力だと思います!

そして、そんなネギを他の薬味たちと、
並べて評価するのはどうなのかと

他の薬味たちにとって、
不利すぎるんじゃないかと。

草野球にメジャーリーガーが
紛れ込んじゃった感じにならないかと。

不安を感じたので、
「ネギ」は特別枠…
いや、レジェンド枠!とさせていただきますm(_ _)m

それでは、
改めまして
「そうめんの薬味ランキング」いきます!

第5位:ゴマ

白ゴマ

「がらり」と風味を変える
超パワーを持った薬味。

いろいろな薬味と混ぜても、
しっかり味を主張してきます。

磨り潰してから入れても、
そのまま入れても美味しいですが、
私は軽く磨り潰す程度が1番好みです。

香りを楽しみつつ独特の感触も楽しめます。

私の場合は、
すごくゴマ好きというわけではないので、
毎回は入れませんが…

「いつもと一味違う薬味で楽しみたいな」

というときに、
めんつゆに少し入れています。

たまに無性に食べたくなる…
そんな薬味です。

第4位:ツナ

ツナ缶

ちょっぴり変わり種

「そうめんの薬味にツナ缶」

という話を、
はじめて聞いたときは、

「えぇー!?」

と思ったんですけどね。

入れてみると、
これが意外に合うんですよ。
ちょっとこってり、コクが出ます。

ただ割と油ギッシュな感じになるので、
組み合わせる薬味は難しいかも。

私はツナ入りのときは、
ネギとのみ組み合わせています。

3位.柚子胡椒(ゆずごしょう)

画像引用:http://oisiso.com/imagess_6/yuzu_kosho.jpg

画像引用:http://oisiso.com/imagess_6/yuzu_kosho.jpg

九州だとメジャーな薬味。

柚子胡椒という名前ですが、
原料は、

・柚子

・青唐辛子

・塩

なので、
胡椒は入っていません。

(それなのにどうして柚子胡椒かというと、
昔は「青唐辛子」のことを、
「胡椒」と呼んでいたからです。)

青唐辛子の辛味と、
柑橘系の爽やかさ
そうめんにピッタリですよ^^

唐辛子系の辛味が苦手でないなら、
是非試してみて下さい♪

第2位:しょうが

しょうが

そうめんだと、
「わさび」よりも「しょうが」派のほうが
多いらしいですね。

(因みにお蕎麦だと、
わさび派のほうが多くなるのだとか)

私自身もしょうが派です。
わさびも好きですけどね。

しょうがだと
すーっとしてサッパリ。

わさびだとピリッとして、
味が引き締まるような気がします。

たまに両方入れるという人もいますが、
個人的には、
片方に絞りたい薬味です。

両方入れると
味がゴチャつくような気がして…
なので片方(大抵はしょうが)しか入れていません。

(わさびはわさびで、
好きなんですけどね)




スポンサードリンク

1位.大葉(青じそ)

大葉

栄えある1位は「大葉」さん!

刻んで、めんつゆにIN!

定番の組み合わせですが、
しその風味って、
ネギやしょうがとも相性ばっちり!

本当に美味しいです(*´▽`*)

結局ランキング上位は定番の薬味?

美味しそうなそうめん

自分で作ったランキングを見てみると、

1位:大葉

2位:しょうが

レジェンド:ネギ

と、見事に定番薬味が並びました。

割といろいろな薬味を試してはいるのですが、
結局は定番に落ち着いてしまうのかも^^;

この3つは、
それぞれの相性も良いんですよねー。

まあ「定番」になるということは、
それだけ「飽きない魅力」がある
ということでもありますからね。

そうめんの薬味に限らず、
基本は「定番の組み合わせ」を楽しみながら、
ときどき変わり種を冒険しちゃう!

というのが、
良いバランスなのかも知れません。

 - 料理関連