毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

*

キャンプファイヤーでのゲーム!小学生向け3選と押さえたい点

スポンサードリンク

キャンプファイヤーのときにやるゲームで、小学生向けのオススメは何?

キャンプ行事での花形でもあるキャンプファイヤー。

皆で囲って、歌って…
でもそれだけじゃつまらないから、
レクレーションとしてゲームを取り入れるケースは多いでしょう。

この記事では、小学生がキャンプファイヤーのときに楽しむゲーム選ぶうえで押さえたいポイントと、
厳選!おすすめゲーム(小学生向け)3つを紹介していきます。

スポンサードリンク

キャンプファイヤー時の小学生向けゲーム選択のポイント

キャンプファイヤーの時に行う小学生向けゲームを選ぶとき意識したいのは、

「比較的短時間で終わるゲームにすること」

「視界の悪さも考慮に入れること」

です。

まず前者ですが小学生であれば、
長時間集中することが難しい子も多いはずです。

特に低学年・中学年であれば、
長くとも5分以内で1ゲームが終わるものを選びましょう。

後者については、
キャンプファイヤーは夜に行うことが多いためです。

もちろんある程度は炎によって照らし出されますし、
キャンプ場なら電灯などの光源もあるでしょう。
とはいえ昼間ほどの視界の良さは望めません

このため表情を読み取る必要があるゲームや、
道具を使うようなゲーム避けたほうが無難でしょう。

キャンプファイヤーの時にオススメ!小学生向けゲーム3選

では具体的にどんなゲームが小学生にオススメなのか?

厳選した3種類のゲームを紹介します!

★1.伝言ゲーム

基本ルールはシンプル。

まず何人かずつでグループを組み(5~10人くらいがオススメ)、1列になります。

そして1番前の人が先生からの「伝言」を受け取り、
2番目の人に耳打ちして伝言を伝えます。
そして2番目の人は3人目に…と伝えていくだけです。

(伝える生徒と伝えられる生徒以外は耳を塞ぐようにすると良い)

そして最後の人は受け取った伝言を皆の前で発表します。

定番ですがルールがわかりやすく
笑える結末になることも多いのでオススメです!

出題側が出来る盛り上げの工夫としては、

・わざと聞き間違えやすい伝言内容にする

・時間制限や聞き直しはNGというルールを加える

・伝言内容を全てのグループで同一にして、
「同じ伝言内容なのにグループによって回答が違う事を楽しむ」

・伝言内容を別にして、
全てのグループである程度正しく伝われば、
繋がってメッセージになるようにする

などがあります。

伝言内容や追加ルールを工夫すれば、
低学年から高学年まで、幅広く楽しめるゲームです。

スポンサードリンク

★2.バースデーチェーン

このゲーム中は喋るの禁止!

ジェスチャーで誕生日を伝え合い
1月1日~12月31日まで生まれの順に連なるという内容です。

全員で協力して行い、
完璧なチェーン(もしくはそれに近いチェーン)が組めたら景品!
とするのも良いですし、

人数が多ければ幾つかのグループに分けて、
バースデーチェーンの出来を競うのも良いでしょう。

複数のグループに分ける場合は、
「お互いの誕生日を知らない(覚えていない)者同士」を組ませたほうが、
ゲームとして盛り上がりやすい傾向にあります。

このため生徒たちに任せず、
引率者側でグループを分けるほうがオススメです。

★3.おちたおちた

小学3年生くらいまでにオススメしたいゲーム。

リズムに合わせて行う、ちょっとした手遊びです。

こちらの動画で音楽や雰囲気はわかると思います。

キャンプファイヤーで行う場合は、

引率者「おーちたおちた」

子どもたち「なーにがおちた?」

引率者「雷!」

子どもたち(おへそを隠すジェスチャー)

という流れで行います。

見てのとおり、

「言葉」→「それに対応するジェスチャー」

とするだけなので、
ゲーム性はあまり高くありません。

ただ声を出し体を動かすこともあって、楽しい気分になりやすいのでオススメです!

 - アウトドア