毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

*

犬の熱中症~後遺症の症状と何故そういったことになるのか?

物憂げなチワワ

犬が熱中症になったあと、
場合によっては後遺症が残ることもあります。

この記事では、
どういう場合に後遺症が残ってしまうのか
またどんな症状が出るのかについて、
まとめてみました。

スポンサードリンク

熱中症のあと後遺症が残るケースは?

犬はもともと
高温多湿に弱い生き物です。
熱中症になる例は珍しくありません。

それでもほとんどの場合は、
3日もあれば、もとの元気な姿に戻ります。

後遺症が残るケースのほとんどは、
熱中症への対処が遅れ、
高体温状態が長引いたケースです。

(「日の当たる車内で長く放置した」
「エアコンをつけずに
室内で留守番させていたが、
予想外に気温が上がってしまった」など…)

高体温状態では
脳の神経や体の臓器にも、
大きな負担がかかり、
長引けば長引くほど、
ダメージが蓄積していきます。

その度合いがあまりに酷いと、
熱中症自体は回復しても、
神経や臓器のダメージは回復せず、
後遺症になってしまうのです。

熱中症による後遺症の症状

眠るチワワ

後遺症により、
どのような症状が出るかは、
「どの部位にダメージが残ったか」
によって変わってきます。

部位ごとの主な症状は以下のとおりです。

■腎不全(腎障害)

熱中症による脱水症状が起きると、
血圧が下がるため、
臓器への栄養が不足していきます。

この状態が長引くと、
さまざまな臓器がダメージを受けるのですが、
なかでも腎臓は厄介です。

腎臓にダメージがいくと、
まず急性腎不全が起きます。
この段階であれば、
まだ元の元気な姿に戻るのですが、
急性腎不全から、慢性腎不全へと、
移行してしまう場合があります。

(熱中症が長引くほど、
ダメージは広がり、
慢性腎不全は腎臓の3/4以上が、
機能低下してしまった状態です)

腎臓は回復しない臓器なので、
1度、そこまでダメージを受けると、
後遺症としてずっと抱えることになります。

また慢性腎不全は
ゆっくりと進行していくため、
早めの対処が重要です。

【犬の慢性腎不全の主な症状】
初期は尿の色が薄くなる、多飲多尿。
その後、ふらつき、食欲不振、嘔吐、貧血などが現れ、
末期では尿毒症なども。

■肺炎

体温が高いと呼吸が荒くなりますが、
このとき肺や心臓には
高い負荷がかかっています。

そのため、熱中症が治ったあとも
しばらく肺炎に悩まされることがあります。

【犬の肺炎の主な症状】
動きたがらない、咳をする、
すぐに疲れてしまう、呼吸が荒い、
食欲不振など。

■心不全

肺炎の項目でも書いたとおり、
熱中症では心臓にも負荷がかかります。
そのダメージにより、
心不全になってしまう場合もあります。

問題となる部位が
心臓だということもあり、
根本的な治療は非常に困難です。

そのため症状が進みづらいようにする、
心臓への負荷を減らす工夫をしていく、
という対処になります。

【犬の心不全の主な症状】
咳、鼻水、運動を嫌がる、
進行すると失神、チアノーゼなども。

■脳障害(神経障害)

熱中症が長引き、栄養や酸素が不足すると、
脳の神経もダメージを受ける場合があります。

脳だけに影響はかなり大きく、
下手をすると、
後遺症どころか死に至ることもあるほどです。

【犬の脳障害による主な症状】
ふらつき、同じ場所を回り続ける、
首が傾いた状態になるなど、
脳のダメージを受けた部位や、程度によってさまざま。

スポンサードリンク


後遺症を残さないためにも早期対処を!

ヨーキーとチワワ(大切な家族だから)

ここまでに紹介した通り、
犬の熱中症による後遺症には、
かなり重たいものも含まれます。

大切な愛犬につらい思いをさせないためにも、
熱中症の予防・早期対応には力を入れたいものです。

特に子犬や老犬、
鼻の短い犬種、
暑さに弱い犬種などは熱中症になりやすいので、
より一層注意が必要です。

こちらの記事では、
熱中症対策に向いた飲み物も紹介しています。
よろしければ参考にされて下さい。

もし既に後遺症がでてしまっている場合は、
後悔しても始まりません。

後遺症に対しても、
対処が早ければ早いほど、
その症状を軽減できます。

愛犬のこれからの犬生が、
少しでも過ごしやすくなるよう、
サポート出来ることがいろいろあるはずです。

愛犬の現在の症状に合わせた対処が必要なので、
良い獣医さんに巡りあえるよう、
情報収集してみましょう。

 - ペット・動物 ,