毎日を彩る情報たち

毎日にちょっとした彩りを添えられる、そんな情報サイトをめざして。

*

日焼け止めの使い方!重要ポイント2つ!メイク時の話も!

美肌を保つためには、必需品ともいえる日焼け止め。
女性ならもちろん、男性でも使っている方は少なくないでしょう。

大切なお肌や健康を守るために、
日焼け止めを塗るのは今や常識ですが、
その正しい使い方というのは、案外知られていません。

日焼け止めは使い方を間違えると充分な効果が得られないため、
肌に深刻なダメージを負う原因となります。

この記事ではそうした事態を防ぐために、
日焼け止めの使い方を詳しく解説していきます!

(下に続きます)

スポンサードリンク

日焼け止めの使い方で大切なのはこの2つ!

日焼け止めの使い方で特に大切なのは、

・使用する量

・しっかり塗り直しをすること

この2つです。

この両方を守らないと、
いくらSPFやPAの値が高い日焼け止めを使っても、効果が落ちてしまいます!

それぞれ詳しく解説していきます!

★使用量は推奨されている量を守って!

日焼け止めに書かれているSPFやPAの値。

実はこの数値、日焼け止めの使用量によって変動します

ちなみに数値通りの効果を得るためには、
皮膚1c㎡につき、2mgを塗る必要があります。
(試験法によって定められている)

でも皮膚1c㎡につき、2mgなんて言われても、
大抵の方はピンときませんよね^^;

目安として、一般的な女性の顔のサイズなら、

液体に近いタイプなら手の平にとって500円玉くらいに広がる程度。
クリームタイプなら、大きめのさくらんぼくらいです。

でも実際に使ってみるとわかるのですが、
これは結構な量です…。

「なんだか肌にしっかり馴染まない」

「付け過ぎている気がする」

と感じる方のほうが多いと思います。

量は減らして、でも日焼け止め効果はバッチリ得たい!と思うのなら、
本来得たい効果よりも、ワンランク上の数値の商品を選ぶのがオススメです。

(現状、販売されている日焼け止めだとSPF50+、PA++++が最高)

★塗り直しの重要性について

日焼け止めというのは、時間が経過すると効果が落ちていくものです。
しっかりと効果を保つためには、2~3時間置きに塗り直しをしたいところ。

とはいえ、お化粧をしている場合は、

「そんなに頻繁に塗り直しなんて出来ない!」

というのが、正直なところでしょう。
普段、メイクに時間をかけている方であれば、尚更ですよね。

そういう場合は、メイクをするときに下地としてクリームタイプの日焼け止めを使い、
塗り直しは「メイクの上から使える」UVパウダーや、透明タイプのUVスプレーを使うのがオススメです。

↓一例。値段もお手頃なので、顔にもボディにも惜しみなく使いやすい。

KOSE サンカット 日やけ止め透明スプレー フレッシュシトラス SPF50+ PA++++ 50g
コーセーコスメポート (2014-02-11)
売り上げランキング: 3,181

正しく日焼け止めを使って紫外線を予防しよう!

以上、日焼け止めの使い方についてでした。

「日焼け止めを使っても、焼けてしまう」

という人たちは、
この2点のどちらかを守っていない傾向があります。

オゾン層の破壊が進んでいることもあり、
今後、ますます紫外線が強くなる可能性は高いでしょう。

肌の美しさと健康を守るためにも、
正しい使い方をしていきましょう!

 - スキンケア